toggle
一度きりの人生、刺激的な毎日と最高の思い出を!
2018-02-02

火事でも手ぶらで財産を持ち出す方法

こんにちは!

スナイパーミヤザキです。

私はアジア旅行が好きなので、年に数回出かけます。
現地では男女問わず貴金属を身につけている方をよく見かけます。
金(ゴールド)のピアス、ネックレス、指輪、ブレスレット・・・・などなど。

そして、日本で華僑の方とお会いすることがあるのですが、かなりの確率で金(ゴールド)などの貴金属を身につけています。

これ、ただのアクセサリーとして身につけているのではなく、緊急時の換金手段でもあるのです。

自分の国を離れ、世界中に散らばり異国の地で暮らす華僑の方々は、時には迫害を受けたり、突然の政変でその国から脱出することもあり、常に世界中で換金できる貴金属を身につけているのです。

それに対して日本は、戦後ずーっと平和で安定しており、換金手段など意識する必要がない世の中でした。

しかし、地震の活動期に入り、災害大国日本に住んでいる以上、換金手段を普段から身に付けておいても損はありません。もちろん今回のタイトル通り、自宅が火事になり、急いで逃げる時などにも有効です。

私と会った方、またはフェイスブックの写真を見ていただけるとわかると思うのですが、

私はプラチナのネックレスを常にしています。(寝る時も)


このネックレスの重量は80gです。そして純度はPT850(85パーセント)、

本日のプラチナの買取価格は1g約3700円なので、現在価値は251600円(3700円×80g×0.85)となります。

つまり、火事になっても手ぶらで約25万円の財産を持ち出すことができるのです。

現金を持ち出せばいいじゃん!!って言われそうですが、紙幣は水濡れに弱く燃えて灰と化す恐れがあります。

では、燃える恐れがない500円硬貨ではどうでしょうか?
500円硬貨1枚の重さは7gです。

ということは25万円相当の500円硬貨を持ち出そうとすると500枚にもなります。

そして重量は3.5kg(7g×500枚)です。
ポケットに3.5Kgにもなる500円硬貨500枚を入れて逃げるなんてバカらしいですよね(笑)

そんなわけで貴金属は緊急時の換金手段、財産の保全に好都合なわけです。(幸い、ここ数年、日本全国至る所に貴金属の買取屋があります。)

そして、貴金属は日本のみならず、世界中で換金できます。
遠洋マグロ漁船が遠くの海域で故障し、近くの島に入港した際にも乗組員が身につけていた金のネックレスを換金して修理代にあてたという話もあります。

貴金属ではないのですが、換金率が高い高級腕時計も同様の効果があります。
ロレックスは世界中で換金することができます。
戦地に取材に行ったジャーナリストが荷物を奪われ、ロレックスを現地で売却して帰りの飛行機代を確保して無事に生還した例もあります。

貴金属、高級腕時計を贅沢品として見るのではなく、緊急時の換金手段、財産保全手段、つまり自分と家族を守る最後の手段として身につけることも必要な時代となりつつあるのです。

皆様におかれましても、何らかの換金手段を身近に用意されておくことをお勧めします。

 

★★無料メルマガにお申し込みいただくと、「貴金属購入マニュアル」をプレゼント!!★★

メルマガは毎週月曜日の23時に配信しています。

サバイバル、金融知識、ストレスフリーなライフスタイルの送り方など大変有益な情報をお送りしています。

登録は簡単。5秒で完了!!

こちらから→ スナイパーミヤザキ のメルマガ

ではまた!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA